コドモンテ SakuraEdu

コドモンテはモンテッソーリ幼児教育に基づいた親子のワークショップです

モンテッソーリ教師資格者によるワークショップ

ハロウィンのかぼちゃタルト

ハロウィンのかぼちゃタルト

この時期のワークショップでは、季節柄やはり「かぼちゃのタルト」に挑戦します。今回の工程の中で、手指の動きの重要ポイントはココです。

☆ビニール袋に入れた加熱かぼちゃを、手でつぶす
かぼちゃつぶす

☆ハチミツと生クリームを加えて、混ぜ合わせる

☆できた中味をタルト型につめる
かぼちゃまぜる
☆かぼちゃのたねを飾る

かぼちゃタルト準備
本当に書くまでもないほど、簡単な作り方です。でも、毎度のお約束で、「子どもは自分でやること」「ママは手と口を出さないこと」。

はじめは、指に力が入らずに、かぼちゃがつぶせないキッズ。「ママやって!」の声も、ちらほら聞こえます。
机に置いて押したり、指でこすり合わせたり、そうする内に感覚をつかんで、上手につぶせるようになってきました。混ぜる動きも、簡単に見えて実はキッズには難度が高いものです。利き手にスプーンを持って、逆手は器を支えます。まさに「両手の協応性」が必要な動きです。

最後は、利き手にバターナイフ、逆手にタルト型を持って、かぼちゃペーストをすくってつめます。はじめはタルト型に入れるのが精一杯だった子も、2つ目、3つ目になると、ぎゅっと押し込んで、タルトらしく仕上げることが出来ました。

余ったペーストはお楽しみ、両手の平をクルクル合わせてお団子作り。可愛いかぼちゃ団子が並びます。
粘土で慣れているせいか、得意なお子さんがほとんどでした!

ハロウィンに限らず、これからサツマイモなどもおいしい季節なので、たまには一緒におやつを作りながら、脳を発達させましょう!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です