コドモンテ SakuraEdu

コドモンテはモンテッソーリ幼児教育に基づいた親子のワークショップです

モンテッソーリ教師資格者によるワークショップ

コンセプト

モンテッソーリ教育について

モンテッソーリ教育は、イタリアではじめて女性として医師になった、マリア・モンテッソーリ(1870~1952)によってつくられた教育法です。 子どもを科学的に観察、分析して、繰り返し実践した方法論は、「子どもは自分を発達させるプログラムを持っている」という事実をベースに、その子の発達プログラムに従って、周りの大人が適切な環境を準備し、その中で子どもを援助し、自由に活動させることが、子どもの能力を伸ばし、円満な人格形成につながる、というものです。 マリア・モンテッソーリは、1人1人の子どもが「自立」と「自律」による円満な人格形成をなすことが、世界平和への実現に近づくと考えて、この教育法を世界に広めていきました。

子どもを観察すれば・・・

小さな子どもを観察すると、その時期に繰り返しやっている「一定の動き」があります。同じいたずら、同じ遊び、同じ動き、そして何度も繰り返したのち、ある日夢から覚めたかのように違うものに対象が変わります。 これは、子どもがみずから「発達させようとしている能力」に関わる動きに、特に敏感になり執着する一定の期間に見られる現象で、モンテッソーリ教育では「敏感期」と呼んでいます。 敏感期は、自己を成長させるエネルギーが最も高まっている時なので、周りの大人がよく観察して、それにマッチした環境を整え、子どもが存分に活動できる自由を保障することが重要です。マリア・モンテッソーリは「敏感期を逃すことは、網み目を落としてセーターを編み上げるようなものだ。」と表現しています。    

親子のワークショップ コドモンテ

モンテッソーリ教師資格、食育インストラクター資格、絵画指導インストラクター資格等を活かしたコドモンテでは、モンテッソーリ教育の考え方をベースに、身近な物でできる工作、子ども達が大好きな食育や、季節の行事のあれこれを取り入れたワークショップを行い、知育と心身の発達を大きくサポートします。 また、お母さんと一緒に子育てについて考えるワークショップや、子育てセミナーも併せて行っています。とくに、子育ての難関である「幼児期」と「思春期」にスポットを当てて、この時期の向き合い方についてヒントをお伝えしています。 最近では、ワーキングマザー向けに「時短で、賢く、楽しく子育て!」の企画など、各企業への訪問型ワークショップも行っています。 「子育てに正解はありません。」だから・・・ 子どもを観察し、子どものもつ成長の力を信じ、大人はその援助をすること。成長の階段を上から引っ張り上げるのではなく、自分で昇る時にどう練習すればより昇るのが上手になるかを、「見せて教える」のが役目です。無理せずイライラせず、毎日5分からできることが、子どもの成長のサポートと、親子の素敵な笑顔となるように。 それがコドモンテのねらいです。